12月29日夕刊株ドカン!ニュース(ドカン銘柄フォロー)

イサム「株ドカン!」で株デビュー

日経平均小幅続落 値がさ株に売り

大納会を迎えた29日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続落し、前日比19円04銭(0.08%)安の2万2764円94銭で終えた。
前日の米株高や円相場の落ち着きを好感した買いが先行。だが午後に入り大引けが近づくと、薄商いの中で東エレクやファナック、京セラといった日経平均への影響度の大きい値がさ株に持ち高調整目的とみられる売りが出て、下げに転じた。
東証1部の売買代金は概算で1兆5465億円。売買高は8億8915万株で、2011年12月30日以来およそ6年ぶりの低水準だった。
日経平均の終値は16年末の終値(1万9114円円37銭)を19.1%上回り、6年連続の上昇となった。

ジャスダック・マザーズともに反発

29日大引けの日経ジャスダック平均は前日比17.89円高の3950.46円と反発。値上がり銘柄数は369、値下がり銘柄数は285となった。
個別ではラクオリア創薬<4579>、富士ソフトサービスビューロ<6188>がストップ高。ベルグアース<1383>は一時ストップ高と値を飛ばした。太洋基礎工業<1758>、大本組<1793>、三信建設工業<1984>、きょくとう<2300>、イオン九州<2653>など32銘柄は年初来高値を更新。大木ヘルスケアホールディングス<3417>、ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>、スリー・ディー・マトリックス<7777>、ANAP<3189>、放電精密加工研究所<6469>は値上がり率上位に買われた。

一方、日本銀行<8301>が年初来安値を更新。ランシステム<3326>、プロルート丸光<8256>、日本出版貿易<8072>、ACKグループ<2498>、夢の街創造委員会<2484>は値下がり率上位に売られた。

29日大引けの東証マザーズ指数は前日比13.90ポイント高の1231.99ポイントと反発。値上がり銘柄数は158、値下がり銘柄数は79となった。
個別ではグローバル・リンク・マネジメント<3486>、みらいワークス<6563>がストップ高。アークン<3927>は一時ストップ高と値を飛ばした。ジェイグループホールディングス<3063>、オイシックスドット大地<3182>、ビーロット<3452>、ティーケーピー<3479>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>など18銘柄は年初来高値を更新。ブランジスタ<6176>、一家ダイニングプロジェクト<9266>、SKIYAKI<3995>、アドバンスト・メディア<3773>、ネオジャパン<3921>は値上がり率上位に買われた。

一方、ロードスターキャピタル<3482>、ビリングシステム<3623>、メディアフラッグ<6067>、ロコンド<3558>、ジーニー<6562>は値下がり率上位に売られた。

ドル・円は小動き

29日午後の東京市場でドル・円は112円70銭台で小動き。
日経平均株価は前日終値付近まで上げ幅を縮小しており、円売りは弱まりつつある。ただ、ユーロ・円は134円70銭付近で底堅く、節目の135円を試す展開となればドル・円を小幅に押し上げる見通し。

平田氏の行っているサービス

dokan04

関連記事

株はじめました!

  • 2016.5.8

    株ドカン!では

    お宝銘柄をメールとLINEでお知らせ! メールとLINEでお宝銘柄が配信されま…

  • 2016.5.7

    株をはじめる

    こんにちは。イサムです! なぜ、チャレンジすることにしたのか・・ …

  • 2016.5.9

    体験者の声

    平田氏と体験者のLINEをご紹介します 平田氏の行っているサービス …

パラダイムトレーダーFX

ページ上部へ戻る